デメテル ネックレス



















ご好評いただいております「ギリシア神話の女神」シリーズ、第2シーズンの幕開けは

豊穣の女神デメテルと、花の女神にして冥界の女王ペルセフォネに母娘で登場。



4種類の色違いのネックレスで、ギリシア神話でも屈指の名エピソードを表現する、

コルティジャーナ自慢の作品に仕上がりました。



収穫を司る
デメテルは絶世の美女でもあり、主神ゼウスと海神ポセイドンの両者に言い寄られるほどでしたが、求婚には応じなかったものの、ゼウスとの間にペルセフォネという娘が生まれます。



この花の女神ペルセフォネに一目ぼれしたのが冥界の王、ハデス。

花を摘みに野原で遊んでいた彼女を、ハデスは有無を言わせず誘拐してしまいます。



悲しんだデメテルは女神としての務めをやめてしまい、
豊穣と収穫の女神を失った世界は大飢饉に陥りました。



主神ゼウスは弟であるハデスにペルセフォネを母のもとにかえすように命令したのですが、地上へ戻るための馬車の中、ペルセフォネはあまりに美味しそうな柘榴の実を4つ、食べてしまいます。



冥界の食べ物を口にしたものは地上に戻ることが許されないという決まりがあったため、ゼウスは柘榴の実の分、一年のうち4か月を冥界で。それ以外の8か月を地上で暮らすように、と取り決めました。

ペルセフォネは春から秋までの間を花の女神として地上で暮らし、冬の間を冥界の女王として暮らすことになったのです・・



そんな神話をベースにしたネックレスは、アシンメトリーな変則二連、ロングタイプ。

絢爛豪華なパーツ、そして
モザイク仕様のお花模様パーツがコルティジャーナならではの仕上がりです。
デメテルは豊穣と収穫の女神。

大地母神信仰に直結する位の高い女神であり、最高神二人から言い寄られる美貌の持ち主。

日本では天照大御神の役どころである「天岩戸隠れ」をやってのけるところからもその重要性が知られますが、デメテルは
ギリシアの神としては最も優しく、慈愛に満ちた存在としても知られています。



コルティジャーナでは大地の守護女神であるデメテルを象徴するように、どこまでも
青い空のように清々しいいブルー豊穣なる大地と植物の緑をイメージした煌めくグリーンの二色をご用意いたしました。





※モザイク部分はすべて手作りのため、お花や茎が歪だったり、変形していたりしますが、

不良ではございません。ご了承くださいませ。
















ベニカの一言

自慢は何といってももお花のモザイクがはめ込まれた大きなガラス。ヴェネツィアン・ガラスの中でも珍しい、手の混んだパーツをどうしても使いたい!!というところから生まれたデザインです。

が、それ以外のパーツもそれぞれの色に合わせて、吟味に吟味を重ねたゴージャスさ。

各色、グラデーションごとに10種類くらいの違ったパーツを組み合わせて、本当に凝りに凝った、目も綾なネックレスに仕上がっています。

ただ、透明感のあるガラスが多いので、重くならずに、なんにでも重ねて使っていただけるのも特徴の一つ。

四色どれも本当に素敵なので、お気に入りを見つけてくださいね!


クロハの一言

このモザイク調のパーツとパステルカラーは、今までにちょっとない、珍しいタイプ。多色展開ですが、どれも爽やかで涼しげな色合いなので、これからの季節、大活躍してくれそう。思わず、全色独り占めしてしまいたいくらい。透明なガラスパーツは、光を浴びると本当にきれいに輝くので、夏の太陽と相性抜群★ オススメです!











カラー
購入数
Soldout