ティアマト イアリング/ピアス

















コルティジャーナ2009、秋冬はますますマニアック(?)に、メソポタミアや北欧の神話などから女神たちをフィーチャーしてお届けいたします。

まずは古代バビロニア文明から、太古の女神にして龍の体を持つ戦女神、ティアマトをモチーフにしたアクセサリーを。



バビロニア神話における天照大神ともいえる大地母神・ティアマトは、塩水、つまり海を司る最高の女神。上半身は女性、下半身は龍という姿は中国神話の最高女神、ジョカを彷彿とさせます。

ティアマトは自らの産み出した子供たち、地上の神々に夫を殺されたことに怒り、多くの神々を相手に一大大戦乱を引き起こした女将でもあり、最後はバビロニア最強の神であり、またその後主神となるマルドゥクに倒されてしまいます。



ティアマトの体は大地となり、その乳房は山脈となり、また二つの瞳から流れる涙がチグリス川とユーフラテス川になったという、スケールの大きな龍の女神、ティアマトをイメージにしたアクセサリーは、龍と海をモチーフに、しなやかで強い大人の女性にぴったりです。
海を支配するティアマト、その龍の鱗がこぼれおちたかのような、シンプルなのにドラマチックな耳飾り

ブルーブラックのパーツに、紺色が透けたような美しいガラスを合わせ、シルバーの金具がクールさを強調しています。



ブルーよりとはいえ明度も彩度もかなり低い色なので派手さはありませんが、巷ではなかなか見かけないシックな色遣いは装いの格をあげてくれること間違いなし。

とくに黒髪との相性が抜群です。



ピアスタイプはシンプルな涙型、イアリングには貝殻の形のパーツをあわせています。

お好きなほうをお選びください。




















ベニカの一言

すごくかっこいい耳飾りに仕上がっている、ティアマトイアリング/ピアス。

わたくしは最近髪を少し茶色くしてしまったのですが(魔が差したんです・・)黒いままにしておけばよかった!という感じがします。

ブルーはブルーでも、シルバーがかったというか黒みがかったというか・・なかなかない色味で、耳元を飾るとオーラが漂います!

スパイスとして使っていただくのにふさわしい存在感なので、敢えてエレガントなドレスにあわせたりするのも面白いかも。
丹精なデザインですが、一番下にある大きなパーツが不揃いで、それが逆に魅力的なイアリング&ピアス。
コルティジャーナのご提供するピアスですから、相変わらず存在感はバッチリなのですが、地味すぎず、派手すぎず、銀の竜の鱗のように耳元で光り、オトナのセクシーさ満載です。この秋冬、クール・ビューティを気取ってみたい姫君方にオススメ。
(銀の竜って言うとね、どうしても某王国の、流れる銀の髪の E王子を思い出してしまうんですが…)











定価 3,996円(本体3,700円、税296円)
販売価格
3,240円(本体3,000円、税240円)
イアリング/ピアス
購入数