モルガン ネックレス


コルティジャーナ2009、「女神」の最後を飾るのは、「北欧・ケルト神話」の女神たち。
妖精や魔法使いが盛りだくさんの北欧神話、アーサー王伝説が魅力的なケルト神話など、北の国々にも美しく麗しい女神たちがたくさん登場します。



古代ケルトの色々な女神を起源とする説があるモルガン・ル・フェ。
かの有名なアーサー王の姉であり、強力な妖術を操る超美姫、しかも悪役! という非常に魅力的な妖姫モルガン。
アーサー王の物語は様々な研究者によってさまざまに研究されていますが、モルガンの魅力は何といっても女らしい気まぐれさ、そして愛情につけ憎悪につけいちいち発揮するその情深さです。

愛しているから憎んでいるのか、憎んでいるから愛しているのか。モルガンは義弟であり英雄でもあるアーサーの命をつけ狙い、聖剣エクスカリバーから魔力を奪い、そして間接的にはアーサーの死の原因ともなります。

が、その瀕死のアーサー王を伝説の地・アヴァロンへと連れて行ったのもモルガン。
美しい悪女にはいつも魅力がありますが、この華麗な毒を持つ薔薇のようでもあり、叶わぬ恋に狂う悲劇の乙女でもあるような妖姫はまた格別。
コルティジャーナのモルガンは、ピンクと黒という美女として最強の色合わせで豪華にセクシーに、コケティッシュにお肌を彩ります。


大胆な配色に目を奪われるネックレスは、4連仕立て。
黒とピンクのグラデーションのクリスタルパーツなんて、よそではめったにお目にかかれません。
そして、6〜7連はありそうなゴージャス感!!
艶のある黒のパーツが、妖姫の危険な美しさを象徴しているかのようです。

ピンクは可憐な桜色から濃い目のラズベリー色までのグラデーションで、絶対に子供っぽいとは言わせない仕上がり。

黒一色のドレスに合わせても、ピンクのワンピースに合わせても美しく決まり、華やかさを演出してくれること間違いなし。

美女としての自信が一回りもふたまわりも広がる、魅惑のネックレスです。


ベニカの一言
ちょっと前に登場した、冥界の女王「スカーサハ」シリーズと色違い・・双子のような仕上がりのモルガン・ル・フェイ。ピンク色と黒を組み合わせると美女度がマックスになるというのは証明済み!
小悪魔チックでドラマチック、パーティーシーズンにはぴったりですわ★
黒とピンクが絶妙に混ざり合っているので、アニマル柄とかに通じるコクのある派手さが魅力。
妖姫のように自信たっぷり、大胆にふるまえること請け合いです♪
コルティ的言うと、「ファタ・モルガーナ」でしょうか。アーサー王伝説に出てくる有名すぎる魔女モルガン、ランスロットを誘惑してしまうくらい魅力的な彼女に負けないくらい妖艶で美しい仕上がりになっています。
ところで「MORGAN」といえば、同名のお洋服ブランドが大好きだったあたくし。

小悪魔チック且つセクシーで、コルティジャーナのアクセたちにもピッタリのデザインがたくさん揃っていたのですが、日本での代理店契約が終わってしまい、もう手に入れることが出来ないんですよー(涙)
…とそんな私情はどうでもいいんですが…
モルガンの魅力的な魔法をアナタにも★






販売価格
18,360円(本体17,000円、税1,360円)
購入数