をとめの姿 ブレスレット




























空の風よ、天の国へと続く道を 吹き閉じてしまっておくれ。

いま地上に降りてきた美しい天女の舞姫たちが

このままもうすこしだけでも、この地に留まってくれるように。
天つ風 雲の通ひ路 吹き閉じよ

            をとめの姿 しばしとどめむ          僧正遍昭






このお歌は、平安朝の一大イベント・五節の舞姫(ごせちのまいひめ)の舞のあとに、その素晴らしさを褒めたたえる意味で作られたもの。



なので、舞姫たちは天の国に帰っていく天女ではなく、現実の若い乙女たちですが、それでもこのお歌の晴れ晴れとした感じ、青い空に浮かぶ雲、可憐な美女たちの舞が思い起こされます。





そんな乙女たちと、天へと続く空をイメージした「をとめの姿」シリーズは、可憐ですがすがしい中にも個性が光るアクセサリーになりました。





パーツづかいに今年流行のエスニック調を取り入れて、可愛いだけでは終わらない大人の水色に。

淡いブルーのグラデーションは、夏には涼しげに、冬には神秘的に使えるお勧めカラ―です♪



ブレスレットはシンプルな二連ながら、上品なボリューム感と個性的なパーツづかいで、軽やかなのに存在感抜群。



エスニック調のパーツが多めで、モードを取り入れているのに、どんなお洋服にもぴったりマッチする優れもの。

デニムからマキシワンピ、カジュアルからエレガントまで。

街に海辺に大活躍間違いなしです!!





















ベニカの一言

ちょっと貝殻のニュアンスがある色遣いなので、海辺のリゾートや夏のイベントにぴったりのブレスレット。

神秘的な水色のパーツが、古代の神殿を思わせるようでもあり、この世のものならぬ神の巫女を思わせるようでもあり。



夏場の手首は露出していることが多いので、ちょっとボリューム感のあるブレスレットで飾ると華奢に見えて、思わず触れたくなってしまいます(わたくしが。)



水色とアイボリー、そしてシルバーの組み合わせなのですが、どこかに暖色の雰囲気があって、日本人の肌色にはぴったりです!


モモカの一言


はじめましての方には「はじめまして。」 style="COLOR: black; FONT-FAMILY: 'MS UI Gothic'">私をご存知の方には「ここでも、一言言わせていただくことになりました。」


style="COLOR: black; FONT-FAMILY: 'MS UI Gothic'">「モモカです。よろしくお願いいたします。」 lang=EN-US>

style="COLOR: black; FONT-FAMILY: 'MS UI Gothic'">腕時計をする人が減ったのは、携帯電話の普及とは関係あるのでしょうか? lang=EN-US>


style="COLOR: black; FONT-FAMILY: 'MS UI Gothic'">夏。確かに髪を結ぶゴムを身近に置いておきたいところですが、美女の左腕はそんなことのためにあるのではありません! lang=EN-US>

style="COLOR: black; FONT-FAMILY: 'MS UI Gothic'">きちんと着飾っちゃいましょう! lang=EN-US>


style="COLOR: black; FONT-FAMILY: 'MS UI Gothic'"> style="FONT-SIZE: 10pt; COLOR: black; FONT-FAMILY: 'MS UI Gothic'">「おとめの姿」シリーズ・三点使いでも、お手持ちのシルバーアクセサリーにあわせていただいてもステキにご使用いただけます。 lang=EN-US>


style="FONT-SIZE: 10pt; COLOR: black; FONT-FAMILY: 'MS UI Gothic'">キーボードをたたきながら、 style="FONT-SIZE: 10pt; COLOR: black; FONT-FAMILY: 'MS UI Gothic'">左腕を見ると、青空の下海岸を散歩したい気分になってしまうかもしれません。 lang=EN-US>












販売価格
4,104円(本体3,800円、税304円)
購入数