割れても末に ネックレス































流れゆく中で、たとえ岩に間を裂かれても

いつかどこかで、再び流れが一緒になるように、

私と引き裂かれたあなたとも、いつか、その先で逢わなければ。

崇徳院


煌めき流れ落ちる、運命の水しぶき。



これは激しい、恋のお歌。

引き裂かれる運命と、
それでも貫きたい思いを、厳しくも美しい滝の流れに添えて歌い上げた悲劇の帝王・崇徳院の絶唱です。



運命のいたずらに二つに分けられながらも、最後には一つとなって輝く様子をモチーフにした「割れても末に」は、様々な伝説を持つ崇徳院のお歌のアクセサリーに相応しく、どこか魔的な美しさを持ったネックレスとして登場しました。



首元で分岐する変則三連が、鎖骨の下で一つに集まる、ドラマチックなデザイン。

それぞれの中心には銀箔入りの高貴なヴェネツィアン・ガラス・パーツが光り、龍の瞳のように強い印象を残します。





銀の滝、紫の滝ともに、ワンカラーのグラデーションの中に様々なニュアンスが潜む、上品で複雑な仕上がり。



水滴のように透明で繊細なのに、妖しく光る様子はまさに運命の水しぶき。

身につけるで、デコルテにドラマが生まれます。





肌を覆う面積が広いので、胸元の広く開いたお洋服には非常に効果的。

秋冬のドレスアップ・シーズンに、優雅な個性にあふれたネックレスをどうぞ★





















ベニカの一言

これもかなりドラマチックで素敵な仕上がりになりました―。

崇徳院てすごい色々と伝説のある方で、お歌も人気が高いんですよね。アクセサリーにするのは結構チャレンジングかと思ったのですが・・思いのほか、イメージぴったりの素敵なネックレスになったかと!

注目は何と言っても中央上の、箔入りガラス。個性的でメタリックな輝きは、人目を奪わずにはいられません。

そして一番下の大きめのパーツも色合いが絶妙!!



わたくしは大の紫好きなので、紫の滝がお気に入りですが、黒などのモノトーン系が多い姫君には銀の滝がお勧め。

白いシャツに黒いジャケットなどにあわせていただくと、エレガントなのにドラマチックな出来る女が出来上がります!



ボリューム感がある割には、つけやすい長さなので、是非ヘビロテさせてやってくださいませ。


モモカの一言


中学校の頃、百人一首から、一首選んでレポートを書くという宿題がでたことがあって、私、この歌を選んだことがあるのです。なんだか、すごく懐かしいなぁ。



style="FONT-FAMILY: 'MS ゴシック'">まぁ、そんなことは関係ないのですが、このネックレス、実はフライングヘビロテしてました♪。みなさんからの評判もとってもよかったですよ。使いやすくて、かわいくて、美女度アップしちゃう、モモカお勧めネックレスです。 lang=EN-US>



style="FONT-FAMILY: 'MS ゴシック'">どっちも、素敵ですが、モモカ的ヘビロテアイテムとしては、やっぱり銀の滝です♡。 lang=EN-US>












販売価格
10,260円(本体9,500円、税760円)
滝の色
購入数