蘇芳匂 イアリング・ピアス
















コルティジャーナが総力をあげてデザインしたヴェネツィアン・グラスの

コスチューム・ジュエリー・シリーズ。








































コルティジャーナ、2007年のテーマは「襲ね色目」。

平安時代の貴族の姫君たちが十二単などの袖口に見せた世にも妙なる美しい色彩を、現代イタリアのセンスでアクセサリーに仕立て直しました。



「蘇芳の匂」の襲ねは、ピンクがかった紫色、「蘇芳」をグラデーションで使用した、粋で晴れがましいお祝いの襲ね。



紫色が高貴な色であることは皆様ご存知の通りかと思いますが、蘇芳という紫がかった艶麗な色は奈良時代の
序列では紅の上(!)、紫のすぐ下の、非常に高貴な色とされています。



「匂」という襲ね色目の名前は、同じ色のグラデーションを幾層にも重ねた色目で、染色の技術が全て職人の腕にかかっていた時代、色の濃淡を染め分けることの困難から考えても手間のかかる、それだけに
身にまとうだけで自慢できる色目だったことは間違いありません。



コルティジャーナの蘇芳の匂いは、濃蘇芳か薄蘇芳までを異なった素材で表現しました。

派手な色目ではないのに上品、しかもどこか粋。

日本女性の美しさを存分に表現する、秋の美女必須アイテムです★


「蘇芳匂襲ね」の魅力を一番分かりやすく表現しているのがこのイアリング/ピアス。

まさに赤紫のグラデーション、そして一粒入ったダークグレーのパーツが
襲ね色目の中の「単(ひとえ)」の役割を果たします。



長さは7センチと少々眺めですが、一番下のパーツが樹脂製なので重さはを感じさせず、
赤ワインの雫が落ちるような耳元を演出します。



上がイアリング、下がピアスの金具。どちらももちろんシルバー925を使用しています。

さまざまな質感を組み合わせることによって実現した高級感。

和菓子のようにも宝石のようにも、そしてキャンディのようにも見えるから不思議です★

















ベニカの一言

イアリング/ピアスにはピンク色っぽいパーツが入っていないので、より落ち着いた印象。

ロング・スイングタイプのピアスは派手になりすぎてしまうから、このくらいの色味のほうがいいのよねー。

キラキラ光るパーツや輝きを抑えたパーツが並んでいるので、アクセサリーに興味のない人でも「をを!」といわせるワザありイアリングです。

赤い耳飾りって、なんだかセクシーでいいのよねー。


クロハの一言

ベニカの言うとおり、ロングタイプのイアリング(ピアス)はゴージャスになりすぎる傾向にあるけど、このくらいシックな色合いだと、今までロングタイプを敬遠していた方たちにも、愉しんでいただけるんじゃないかしら。

セクシーなボルドーは、女っぷりがあがるピアス、といっても過言ではないかも★

クリアなパーツがキュートかと思えば、メタリックなパーツでスパイスを利かせる… こんなに質感の違うパーツが、見事に調和しているのってすごいと思う。






定価 5,076円(本体4,700円、税376円)
イアリング・ピアス
購入数
Soldout