貂蝉 ネックレス

悲運の舞姫か、傾国の美女か。

英傑二人を手玉にとって、輝く美女の心意気!




貂蝉(ちょうせん)は、三国志演義に登場する最も魅力的なヒロイン。


天下を取りながら残酷無比に人民を虐げる董卓と、その養子であり三国志一のツワモノ、呂布を仲たがいさせるため、双方に気があるように見せかけつつ二人を殺し合わせる……というミッションを見事に達成した、美貌の舞姫です。

二人の男を色じかけで死に追いやってはいるものの、それは彼女が望んだことではなく、あくまで課せられた使命。

貂蝉はきっと、その罪深さに血の涙をこぼしたことでしょう。





悲劇の、そして傾国の舞姫に相応しいのは、血の色で染めたかのようなエキゾチックなチョーカー。

中央のパーツはシルクのような手触りで、官能をくすぐります。

形を変えながら、全て赤と紅色で統一されたサイドのパーツも、それぞれにドラマを感じさせる深い色、個性的な形。
れ歴史上最も物騒で、セクシーで、そして美しい舞姫のためのチョーカーに仕上がりました。



冬のパーティーシーズン、黒のドレスに合わせるだけで、ぐっと女っぷりがアップ! 思わず触れてみたくなるような首元が完成します。






長さ:約35cm+5cm






ベニカの一言:皆様ご存知だと思うのですが、わたくしはこういうチョーカーが大好きなんです!!! 以前「誓い」(完売)というチョーカーがありましたが、あちらがかなり光に煌いたのに対し、こちらはマットなしあがり。

西洋の宝石よりも、東洋の絹織物を思わせる、シックでちょっと淫靡なセクシーさが魅力です。

特に真ん中のパーツの質感は、写真ではお伝え切れませんでした!! 

貂蝉はもちろん、わたくしも大好きな美女ですが、まさにそのイメージ。これなら呂布のひとりやふたり、コロリと落とせそう、かも!


お客様の声を見る




販売価格
6,480円(本体6,000円、税480円)
購入数