六条 イアリング・ピアス































2008年、コルティジャーナのテーマは「源氏物語の姫君たち」。

日本が誇る色恋と雅、人間心理の綾を織り上げた最高傑作に登場する姫君たちを、イタリアと日本の現代的センスでアクセサリーに表現しました。



「六条」は、光源氏の年上の恋人で、当代一の貴婦人の誉れも高い「六条御息所(ロクジョウノミヤスンドコロ)」をモチーフにデザインされています。

前皇太子妃という貴い身分でありながら、年下の恋人への嫉妬のあまり、我知らず恋敵をとり殺してしまう生霊になってしまう六条は、女性の性(サガ)と哀しさ、そして誇りを表現する女性像として絶大な人気を集めています。



そんな「六条」のアクセサリーは、高貴なる紫に黒をあわせた濃厚で妖艶なシリーズ。

この高級感なのに、お求めやすい価格にも注目です。

「六条 イアリング・ピアス」は、限りなくシンプルに。

ネックレスやブレスレットがボリューム満点なので、セットにした時に重くなりすぎないよう軽めの仕上がりになりました。



ただし、艶やかな黒のラインに上品な紫色のグラデーションのガラスの高級感は健在です。



イアリング・バージョンの金具はシンプルなクリップタイプ。
こちらがピアスバージョン。軽量なので、耳に負担もかかりません。

曇った色の紫色のガラスの質感が高級感を演出します。
さりげないのに存在感が漂い、しかも上品な耳飾り。

シンプルなのでほかにもありそうですが、この色合いはなかなかお外ではみつかりませんわ☆




















ベニカの一言

実は最近、コルティジャーナではピアスよりもイアリングの率が高いのですが、これはわたくしたちがイアリングの便利さに目覚めてしまったから。

わたくし達は二人ともピアスホールがあいているのですが、
イアリングの手軽さに「毎日つけるものでないならイアリングのほうが便利!」と気づいてしまったのです・・





六条はピアスでもご用意していますが、穴をあけていらっしゃる姫君たちも一度イアリングの便利さを味わってみるのもいいかもしれません・・ほんと便利なのよー。


クロハの一言

ブレス・ネックがゴージャスなので、ピアス(イアリング)はごくごくシンプルにしてみました。

オフィスでも浮かない、妖艶アクセです★

昼と夜でピアスを変えるのは面倒ですが、これならデートのときに、ブレスをプラスするだけで、さらに妖艶さアップ! …なんて。



上でベニカがコメントしていますが、イアリング、本当に便利です。

撮影のときはほぼイアリングオンリーですね。

わたしの場合、複数ホールを空けているので、メインをイアリングにして、他のホールにはイアリングを引き立てるシンプルな一粒ピアスをつけたりして愉しんでいます。










販売価格
3,132円(本体2,900円、税232円)
イアリング・ピアス
購入数